update : 2022-09-01
2021-12-25 / @syui

genshin , game / genshin

原神

原神をプレイしています。

美しい世界で旅ができますので、おすすめです。

プレイスタイル

私のこれまでのプレイスタイルを少しだけ話します。

ゲームの難易度に最も影響を及ぼすと考えられる3つの要素から、私のプレイスタイルを明確にします。

  • 無課金 : ゲームをプレイするにあたり、一切の課金は行わないと最初に決めました。今でもその方針に従っています。なので俗に言う無課金勢です。完全無課金。

  • 初見 : ここで言う初見とは、主にアカウントのことを指します。最初に作ったアカウントのみでプレイしています。俗に言うサブ垢を持っていません。原神は未経験から始め、アカウントは一つのみ。これをここでは「初見」と表現しています。

  • 新規 : ここではサービス開始からプレイを始めたユーザーを「初期」や「初期勢」と呼びます。開始前から始めたユーザーを「ベータ」や「ベータテスター」といいます。途中から始めたユーザーを「新規」と表現しています。私の場合は、原神が開始されて1年後くらいから参加したので、新規になります。

これについても様々な定義が存在しますが、ここではシンプルな条件で分類しています。

私は、無課金+初見+新規に分類されるため、簡潔にいうと原神の初心者です。

原神のことは良くわかっていませんし、攻略もできていません。

プレイ履歴

記憶の限りプレイ履歴を書きます。

内容 備考
2021 06 原神を始めた パイモンが気になったのと、クレーがかわいかったので原神を始める
2021 07 クレーを引く 原石を貯めてた。ほとんどプレイせず、ストーリーのみを少しずつ進める
2021 08 クレーしか強化しなかった ストーリーのみを進め、最新マップに追いつく
2021 09 雷電を引く。バーバラノエルも少し強化 秘境、週ボスを楽に倒せるようになる
2021 10 なし やる気が出なくてプレイしなかった
2021 11 なし やる気が出なくてプレイしなかった
2021 12 なし やる気が出なくてプレイしなかった
2022 01 鍾離, 甘雨を引く。 ベネット, 行秋が来た キャラの育成で大変だった。モラと鉱石が尽きる
2022 02 螺旋を星32でクリア 風元素がいないので、次は風元素のキャラを狙う
2022 04 ウェンティ, 綾華を引く 狙っていた全元素キャラが揃う
2022 05 螺旋を星36でクリア 無課金+初見+新規の人は参考に
2022 06 螺旋を通しでクリア 一度もリセットすることなく連続で攻略

引いておきたいキャラと武器

個人的に引いておきたいキャラをランキング形式でまとめます。特に無課金では、強いキャラを狙っていかないと厳しいと感じています。方針としては、原石を貯める、強いキャラを狙う、強いキャラを育てるという感じになると思われます。

キャラ

順位 名前
1 雷電
2 鍾離
3 万葉
4 綾華

武器

順位 名前
1 草薙の稲光
2 護摩の杖
3 蒼古なる自由への誓い
4 終焉を嘆く詩

行秋(完凸)とベネット(1凸)は配布、交換、すり抜けで狙う方針。

無課金のガチャ歴

保有 消費 残高 キャラ
2021 06 4,000 -3,000 1,000 クレー
2021 09 15,000 -7,000 8,000 雷電
2022 01 28,000 -23,000 5,000 鍾離, 甘雨
2022 04 20,000 -20,000 0 ウェンティ, 綾華
2022 07 20,000 -1,000 21,000 万葉
  • 変換で得た運命も合算しています

プレイ環境

プレイ環境はipad 7th(32GB)です。購入する際、ゲームプレイを想定していませんでした。

コントローラーはps5のものを使用しています。

低画質でプレイしていますが、たまに遅延します。wifi接続の安定性の問題もあり、基本的には有線でのプレイが快適だと思います。

32GBでは、systemが占める割合は12GB/32GBなので、実質的な空き容量が20GBとなります。

原神v2.4が占める割合は17GB/20GBなので、原神のupateが来た場合は、一旦アプリ+アセットデータを削除する必要があります。

あらかじめダウンロードしたアセットデータは無駄になりますので、updateが来たときは以下の手順が必要になります。

  • (1) 原神の完全アンインストール

  • (2) 原神のインストール

  • (3) iosストレージの確保(他アプリの一時削除)

  • (4) ipad再起動

  • (5) 原神を起動してアセットをダウンロード

それでも原神が入らなくなったときは、ipadの買い替えどきだと思っています。

携帯ゲーム機信仰があり、windowsやps5でプレイすることもできますが、ipadでのプレイにこだわってます。やっぱり、どこでもプレイできるのは便利です。

原神が落ちるようになった場合、ipadを再起動すると直ることがあります。

追記 : ipad 7th(32GB) -> ipad 9th(64GB)に移行。グラフィック最大でも快適にプレイできています。

育成中のキャラ

キャラ LV 通常 スキル 爆発
クレー 90 9 9 9
雷電 90 9 10 10
鍾離 89 1 10 10
行秋 89 1 12 12
香菱 80 1 5 12
綾華 89 9 9 9
ウェンティ 89 1 9 10
万葉 89 1 9 10
ベネット 89 1 12 12

クレー

雷電

鍾離

ウェンティ

綾華

甘雨

万葉

行秋

ベネット

香菱

https://shinshin.moe

おすすめキャラ

現在のおすすめキャラを各元素で考えます。私が持っていないキャラは太字です。

元素 キャラ1 キャラ2 保有
万葉 ウェンティ 無凸/無凸
鍾離 無凸
雷電 無凸
–/–
行秋 夜蘭 完凸/–
ベネット 胡桃 無凸/–
綾華 甘雨 無凸/無凸

各元素につき1体はSS+のキャラを育てていきたい。

無課金なので2体は狙わないし、凸も狙わないこととします。

1体につき原石が7000(期待値)くらいかかります。天井分は14,400(上限値)くらいです。

ただ、行秋とベネットは星4なので、すり抜けで狙う予定。それ目当てでガチャを回すことは予定していません。

炎、氷元素のキャラは、各国の実装時期が遅めなので、優先順位は上がります。近く実装予定の草国は神を待てばいいのですが、最後に実装される氷国は今、氷元素キャラを確保しても後悔は少ないでしょう。

反対に、既に実装済みの国は神との比較ができるのでわかりやすいです。

例えば、神属性のウェンティと万葉を比較し、万葉のほうが評価が高ければ、万葉を引いても問題ないということになります。しかし、神属性持ちのキャラを揃えたい、唯一無二の性能を評価するというのであれば、ウェンティを引いたほうがいいと思います。

甘雨と綾華の場合、綾華のほうがおすすめです。ウェンティと万葉なら万葉のほうがおすすめとなります。実際の使用感からそのように判断しました。

次の方針は、神と合わせて各元素につき強キャラ2体の確保を目指します。また、余裕があれば好きなキャラを狙っていくこととします。

理由はいくつかありますが、一つは無制限に強いキャラを狙っていくと、無課金運用が破綻する可能性があること。これ以上はキャラ過剰になり、せっかく引いて強化育成までしたのに使わなくなっていくキャラが増えることです。

それを避けるため、ここで決めた方針に沿って攻略していく予定です。

例えば、風元素はウェンティ(神)と万葉で2体となり、それ以上は基本的に狙わないことにします。

また、神が未実装の場合、残る一体としてSS+ランクのキャラをすでに確保できている場合も、追加では狙わないことになります。

以上を踏まえて、必要な原石数などを予測します。

元素 キャラ 保有
ウェンティ 万葉 無凸/無凸
鍾離 ??? 無凸/–
雷電 ??? 無凸/–
??? ??? –/–
??? 行秋 –/完凸
??? ベネット –/無凸
??? 綾華 –/無凸

神は草、水、炎、氷の4人を確保する必要があります。

各元素は岩、雷、草の3人を確保する必要があります。

合計で7キャラ分の原石が必要です。

7000x7=49,000(期待値)が最低でも必要になる計算です。

天井分は14,400x7=100,800(上限値)となります。

1年間で25,000くらいの原石を貯めてやりくりする必要があります。

今後はこの表を見ながら、自分の空き領域を埋められることを条件に、狙っていくキャラを決めていくつもりです。

おすすめ武器

現時点でおすすめ武器はサポート性能がある武器です。使い回せる武器がおすすめです。

しかし、無課金では武器を集めるのも難しいので、ある程度の妥協が必要です。

キャラを優先し、武器を無視していく必要があります。

具体的には、配布武器や鍛造武器、祭礼や西風など採用するのが良さそうに思います。

では、個人的におすすめする星5武器を紹介します。

種類 名前 ステータス 保有
長柄武器 草薙の稲光 元素チャージ 5 -
片手剣 蒼古なる自由への誓い 元素熟知 5 -
長柄武器 護摩の杖 会心ダメ 5 無凸
終焉を嘆く詩 元素チャージ 5 -

個人的には雷電の最強武器である草薙の稲光と鍾離の護摩の杖を目指していきたいですが、まずはキャラを優先して引いていくべきでしょう。

次に、星4武器のおすすめです。大抵は鍛造で作れるものを選択しています。

種類 名前 ステータス キャラ
片手剣 天目影打 攻撃 4 綾華
片手剣 鉄蜂の刺し 熟知 4 万葉
長柄武器 漁獲 チャージ 4 雷電
破魔の弓 攻撃 4 甘雨

最強格の雷電(草薙)、鍾離(護摩)、万葉(蒼古)に関しては、星5武器を確保するよう動いてもいいかもしれません。また、ウェンティの終焉も非常に強力です。

キャラ 星4 星5
ウェンティ 西風 終焉
万葉 西風 / 鉄蜂 蒼古
鍾離 西風 護摩
雷電 西風 草薙
行秋 祭礼
ベネット 祭礼
香菱 漁獲
綾華 天目

元素ランキング

私が考える最も強い元素は、今の所、水元素です。

これをランキング形式にわかりやすくまとめると以下のとおりです。なお、草に関してはただの推測ですが敵の行動制限に関わるものが多いらしいので、そこからの評価です。

  • 水 > 風 > 氷 > 炎 > 雷 > 岩 > 草

これらは、聖遺物や環境によっても変動します。例えば、風元素は、聖遺物の評価も相まってのランキングとなっています。

水元素を最も評価する理由については、各元素にダメージ、サポートの両面で作用しやすい点が大きいです。

原神は、元素反応でダメージを倍々に上げていくゲームであり、それが最も効率の良いダメージの出し方でもあります。

つまり、原神では、元素の組み合わせが最も重要なので、その組み合わせが一番やりやすいと考えられる水元素が今のところ自分の中では、一番強い元素になります。

アタッカーとサポート

原神における最強キャラとは、アタッカーではなく、サポートもできるキャラとなります。

現時点では、雷電鍾離だと思います。

個としては雷電が最強で、PT(サポート)としては鍾離が最強だと思いますが、最強という概念からすると、やはり、個としての性質が強いため、雷電が最強ということになりそうです。

また、元素爆発は、ゲーム内で最も強力な必殺技を意味します。したがって、PTのそれを連発できる雷電の特性は、やはり、PTとしても最強と表現できるものだと思います。元素爆発は攻撃からサポートまで多種多様で、これからも増え、広がっていくと考えられます。

ということで、雷電が最強だと思います。

仮に課金するとしたら、雷電を凸してたと思います。

例えば、アタッカーとしては強いけど、サポートができないキャラは、最強にはなりえないのです。

ですから、強力なアタッカーを狙うのでなく、サポートもできるキャラを狙うのが基本的には良いと思います。

引くべきかの判断は、元素爆発のみならず元素スキルも強力であることが望ましい。

例えば、雷電と鍾離が最強なのは、元素爆発と元素スキルがともに強力で、かつ、それらがサポートにも使えるからです。

反対に、甘雨が最強でない理由は、元素爆発は強力でサポートにも使えますが、元素スキルがあまり強力ではないからだと思われます。

つまり、何かが欠けると最強にはなりえない。

このような視点で狙うべきキャラを判断しています。

もちろん、細かなキャラ性能なども重要になってきますが、最強キャラは、以下の4点がyesとなります。

  • 爆発は強力か?サポートもできる?

  • スキルは強力か?サポートもできる?

凸数と将来

上記の理由から現段階で凸すべきキャラと考えているのは、雷電と鍾離がおすすめだと考えています。

それに加えて万葉もおすすめかもしれません。

それはなぜでしょう。

それぞれのキャラには、おすすめの凸数があります。

しかし、それ以上に将来使う可能性が高いかどうかを考慮した上で決めたほうがほうがいいと言うのが個人的な意見です。

例えば、胡桃と甘雨と綾華をそれぞれ2凸ずつしたとしましょう。

その後、炎神と氷神が実装され、そちらのほうが強いとなった場合、PTを外れてしまう可能性があります。

すると、使わなくなるキャラを凸するより、使い続けるキャラを完凸したほうがよかったということになります。

ですから、おすすめの凸数よりも将来使い続けるかどうかのほうが重要だと考えています。

確かに、鍾離の完凸はおすすめではないのかもしれません。

しかし、将来も使い続けることが予想されるなら、完凸するのも悪くないと思います。

LV80/89/90まで上げたほうがいいキャラ

キャラクターはLV90にしたいところですが、LV80で止めておくのが一番いい選択だと考えられます。

一つは消費されるアイテム(本)やモラが著しい点です。もう一つは、冒険で得られる経験値が無駄になってしまうこと。

つまり、LV80で止めておき、冒険で得られる経験値でLV90に到達するのが最も合理的だと言えます。

また、限界突破できている場合は、天賦上限が開放されます。

LV89,90まで上げたほうがいいキャラもいます。

よく使うキャラであり、PTを全サポートする能力にLVのステータスが関係している場合、早めにLVを上げたほうが、その分、受け取れる恩恵も大きくなります。

個人的には、鍾離と雷電はLV89まで上げることをおすすめします。

例えば、鍾離ですが、HPが上昇するとシールドが強化され、なおかつ火力も上がります。護摩を装備しているような場合も効果は上がります。

シールドも元素爆発も頻繁に使うものなので、LVを上げる恩恵は大きいと思われます。

また、雷電の場合は、元素チャージが上がり、雷電は元素エネルギーをPTに配る役割を持ちます。これもLVを上げる恩恵が大きいと考えられる典型です。

もちろん、LVをあげなくても攻略できる、消費が多すぎる、などのデメリットはありますが、長く続ける場合は、LVの恩恵が大きいので、早めにLVを上げておくのも悪くない選択だと思います。

武器ガチャ

武器ガチャを引くべき状況も変化していきます。

無課金者は、キャラと武器ガチャの比率は1:0となるのが理想的です。つまり、武器ガチャは基本的に回すべきではありません。

なぜなら、欲しいキャラを1体確保するほうが武器を1つ確保するよりも有効だと考えられるからです。

しかし、両方の武器に外れがなく、かつ星4武器もないような初期の状況においては、武器ガチャは回してもいいかもしれません。

初期状態においては1,2回くらい回して星4武器を確保するのも悪くない手だと思います。

この際、行秋用の祭礼の剣3凸を目指すなど目標を設定しておくといいかもしれません。

例えば、行秋のスキルはCT(クールタイム)が21秒なので、3凸の60%/22sと合います。

探索度と毎日やるべきこと

私は今の所、探索度を無視して、基本的にはデイリーと樹脂消費、アップデートが来たときに最新ストーリー追従のみをやっています。

今後、キャラクターが増えてきたどこかの段階で探索度を上げていこうと考えています。

イベント等が来たときは探索度も上げられる可能性があるので、無理して上げる必要はないかと思っています。

この前のドラスパ・イベントでは、それをこなすことで、自然と探索度60%から80%に上がりました。

もちろん、探索度を常に100%で維持することも効率的だと思います。

なぜならアップデート後には最新情報を集めやすいし、それを定期でこなしていければ維持できるからです。

したがって、探索度を100%にする意味はあると思います。

ですが、個人的には、デイリーと樹脂消費だけで精一杯なので、探索度はイベント等をこなしていくことでついでにあげる方針を採用しています。

こちらもこちらで効率的だとは思います。

ですが、キャラクターが増えてきたり、やることがなくなってきた段階で、探索度100%を目指したいと考えています。

そのためには、各国の評判任務でLVを上げていけばコンパスの設計図が手に入るので、それだけでも確保しておくのがよいと思います。

したがって、毎日、あるいは毎週やるべきことは、以下のようになります。

  • 日) デイリー

  • 日) 樹脂消費

  • 日) 派遣探索(H20)

  • 日) HoYoLABログイン

  • 週) ボス

  • 週) 評判任務

派遣探索は時間が設定できます。例えば、最小だとモラは600程度ですが、最大は5000となります。

また、HoYoLABのログインボーナスも見落としがちです。webにてツール、ログインボーナスと進むと受け取れます。

HoYoLABO : https://hoyolab.com

定期的に公式サイトでミニゲーム(イベント)が開催されており、プレイすると報酬をゲットできます。

https://genshin.hoyoverse.com/ja/news

天賦レベル

強化に関して、特に天賦レベルに関して、少しだけ思うところがありますので、それについて書きます。

継続して長く使うキャラというのは、できる限り早く天賦レベルを上げたほうがいい。具体的には、天賦レベルMAXや天賦レベル9まで上げてもいいと思っています。

確かに、天賦レベルの最終段階は、消費が著しいことがあります。

しかし、例えば、半年、あるいは1年もの長い間、そのキャラを使い続けていると、それに伴ってダメージの総量というのは、蓄積していきます。

その積み重ねは、消費以上に利益を受けている可能性があります。

今後のためモラや素材を貯めるタイプの人もいて、それはそれで正しいと思う反面、回すことを考えることも正しいと思います。正しいというか、間違いではないと思っているのです。

何度も何度も敵と戦い、プレイを継続し、ゲームを回していく以上、キャラの強化というものは、積もり積もって大きな力になります。時間短縮にもつながる可能性がある。

ですから、無駄に思えるような強化も、それを回していく以上、無駄になることは少ない。そんなふうに考えています。

とはいえ、アタッカー以外で使うキャラの「通常攻撃」は上げる必要ないと思います。それ以外であれば、好きに上げても構わない。そのように考えます。

LVに関しても同じことが言えます。もちろん、経験値が無駄になるという要素がデメリットとしてあげられますが、LV90にしても、ほぼ問題はないでしょう。

ゲームのストーリーが最終を迎える際、素材やモラが余っていても仕方ありません。それなら早いうちに使い、強化したほうが、最終的に受けられる利益のほうが大きくなる可能性が高いと思います。

とはいえ、これらは好みの問題に過ぎない。どっちでもいいのです。そんなふうに思います。

一応、おすすめを書いておくと、キャラLV80/90で、天賦はアタッカーなら全LV8、それ以外なら通常以外を全LV8がおすすめです。将来的にも使っていく予定のキャラに限ります。武器に関しては汎用性のある複数キャラに使える武器LV90がおすすめです。無課金でやる人は天目影打鉄蜂の刺しを強化するのがおすすめです。

王冠は誰に使うべきか

結論から言うと、基本的には神に使うべきと考えます。

まず、神属性持ちのキャラの特徴は元素スキルがループできることです。神属性を持つキャラというのは、元素スキルの発動タイムがクールタイムをオーバーするよう設計されています。これについては、mihoyoが実装ルールみたいなものを決めていると思います。

次に神属性持ちのキャラは、戦闘デザインにおける各要素で最強の性能を持ちます。

各要素というのは、例えば、戦闘を構築する要素のことで、シールドや元素チャージ、吸引性能などを言います。

今後、未実装の要素のいくつかは、各元素と関連付けられた各神に割り振られると予想します。

例えば、水神は回復、炎神は攻撃(バフ?)、氷神は静止(会心)などが考えられます。

これらのキャラクターデザインにより神属性持ちのキャラの性能は替えがきかないものになりやすい。替えがきかないので、今後も使われ続けることが予想されます。

王冠は今後も使い続けることが予想されるキャラに使うべきです。

したがって、必然的に神属性持ちのキャラに使うのが一番良い考えます。

次の基準は、クールタイムと元素タイプです。

できる限りクールタイムが短く、戦闘で何度も使用するものに使うのが効果的です。

これも数字で見ると馬鹿にならないのですが、例えば、王冠を使うことで「たったの+200しかダメージが上がらなかったよ」というケースを考えてみましょう。しかし、30分のうち30回ほど使用した場合、6000の差が出てきます。

これを毎日繰り返したとして、1ヶ月では180,000の差が出る計算になり、さらに半年、1年と続けた場合、王冠を使ったか、使わなかったかでは、日々の快適なプレイに何らかの変化を起こしても不思議ではありません。

また、迷った末やっぱり使うことにしたケースを考えてみたいのですが、どうせ使うなら早く使って強化したほうがいいというのが私の考えかたです。

もちろん、使わなくてもいいし、必要ないというのはその通りです。

しかし、原神を長く続けていくなら、即強化、即使用、即実行が一番お得だと私は思います。

最後に、元素タイプも王冠を使うべきかの判断に重要だと思うので、その話をします。

結論から言うと、風元素が最も王冠を使うべき元素となります。

理由として、風元素には拡散反応、拡散ダメージがあるからです。

王冠を使うとこれらも上げられる可能性があり、風元素は、王冠を使うのに最も適した元素なのかもしれません。

例えば、万葉は、クールタイム6秒で元素エネルギー60です。万葉の元素スキルや元素爆発を回しまくり、拡散反応を起こしまくっている人は、それに王冠を使っても後悔が少ないのではないでしょうか。

それ以外でいうと、やはり、神属性持ちのキャラ、そのキャラ特有の性能に王冠を使っていくのが良いと思います。

それでも一応、3つは残しておきましょう。何かあったときのために。

私は、その方針で強化していこうと考えています。

名前 通常 元素スキル 元素爆発
雷電 x o o
ウェンティ x x o
鍾離 x o o
万葉 x o o

個人的には、元素爆発より元素スキルのほうが使用頻度が高いので、元素スキルにも王冠を使っていく予定です。

ちなみに、好きなキャラがいる場合、そちらに使ってもいいと思います。好きなキャラはずっと使うことが予想されるので、無駄にはならないはず。

ステータスや聖遺物について

聖遺物厳選は、基本的に必要ありません。自己満足の部類であるため厳選するタイミングは、やることがなくなった時点が最適です。

あるいは基準を下げて厳選し、早めに終えるのが得策だと思います。

今後も聖遺物の種類が増えることが予想され、キャラに最適な聖遺物も変化していきます。

狙っているキャラのモラや鉱石、レベル本や天賦本が不足することが予想されるなら、先にそちらを集めるといいでしょう。

私は、早めに厳選を終わらせ、聖遺物周回に樹脂を消費することは極力、控えるようにしています。

原神で会心率、会心ダメが重要だと思うのは、なぜでしょう。

これは、会心系がチームによるバフを期待できないからだと考えます。

では、他のステータスも重要なのに、攻撃やダメージが重視される理由はなぜでしょう。

これは、鍾離による突破されることのないシールドなどによって、死ぬことがなくなったからだと考えられます。

では、最もダメージを出せる基本的な考えはどういったものになるのでしょう。

これは、チームの組み合わせによる元素反応、及び、バフ、デバフ効果。そして、基本となるのが、アタッカーの攻撃と会心系のバランスだと考えられます。

しかし、攻撃はバフで盛れるため、会心系をステータスで盛る必要が出てきます。

基本的には、会心率と会心ダメがサブステータスに入っているものがよいでしょう。冠で会心率、会心ダメのどちらかがメインの場合は、片方がサブに入っているとよいでしょう。

その視点から強化する聖遺物を決めています。

強化によって会心系の値を伸ばしていくことが基本的な考えとなります。

なお、良い聖遺物は、サブで会心率15%、または会心ダメ30%が目安となります。

合計で会心率60%, 会心ダメ120%が目標値となります。武器で補完できる場合は、補完すればよく、キャラによって、あるいは装備によって、このような聖遺物厳選の難易度が変わってきます。

螺旋について

螺旋についても好みが分かれると思います。

螺旋は攻略を目指してもいいし、目指さなくてもいいと思っています。

しかし、私のおすすめでは、螺旋攻略は無視して構わないし、特に私のように無課金でやる人は、無視したほうがいいと思っています。

というのも螺旋のコンテンツは、敵の配置などを見てみいくと、あきらかに課金者向け販促コンテンツだと考えられるためです。

したがって、無課金で螺旋の突破を無理やり目指してしまうことで、本来育成したいキャラに育成リソースを割けなくなったり、あるいは、時間ばかり消費してしまい、成果がなかったりといったことが考えられます。

例えば、100回チャレンジしてやっと星36でクリアできたとします。しかし、時間をかけたからと言って、報酬が増えるわけではありません。

つまり、キャラを育成していくうちに自然にクリアできるようになるまでは、あまり参加せず、自然クリアできるようになってから参加するのが最も効率的だと私は思います。

もちろん、無課金で最短で目指すというのも悪くない考えだと思います。そういった目標を立て、楽しめるのなら、それをやるのが一番です。

ただ、私の場合は、自然クリアできるようになるまで、あるいはその期待が感じられるようになるまで、参加したり、チャレンジしたりすることを控えていて、通しでプレイし、それで得られる報酬だけ受け取るようにしています。

  • 2022/05に星36で螺旋クリア

原神の難易度

原神を無課金で螺旋36クリアしているブログを検索で探してみたのですが、見当たりませんでした。微課金では1,2個ありました。

検索方法が悪いのかもしれませんし、わざわざブログに書いている人がいないのかもしれません。しかし、思った以上に無課金での螺旋クリアは数が少ない可能性があります。

まずはそのへんの話をしていきたいのですが、結論から言うと、無課金で螺旋は目指さなくていいよという話になります。

人数自体が極めて少数だと考えられることもこの意見に寄与します。

個人的に原神の難易度は、以下の要素が大きく影響すると考えています。

  • 課金

  • 初見

  • 新規

微課金で螺旋36をクリアした人は少数ですが1,2個のブログを発見しました。ただし、微課金と無課金では、得られる原石の数が大きく違います。課金要素が難易度に最も大きな影響を及ぼします。無課金だと難易度がかなり上がっている印象です。

次に、初見であるか否かも難易度に影響を及ぼします。例えば、サブ垢でやっているとなると、難易度は一気に下がります。すでに得た知識や経験の差が出てきます。これもかなり大きな違いが現れると思います。

次に、新規であるか否かです。螺旋の難易度や敵の強さはずっと上昇傾向にあります。事実として上昇し続けています。例えば、サービス開始からプレイし続けている人と今から始める新規の人とでは、サービス開始からプレイしてる人のほうが、原神を簡単にプレイできる可能性が極めて高いと考えられます。逆に、今から始める場合は、相当苦労するかもしれません。

私の場合、無課金、かつ初見(アカウント)、かつ新規(サービス途中から)で始めたので、この組み合わせだと、螺旋36でクリアした人は検索に出てきません。いるとは思いますが、想像以上に少ない可能性があります。

以上に述べた理由から、螺旋36クリアを目指すなら、課金するのが一番の近道だと考えられます。

次に、初見ではなく経験したあとにサブ垢でも作ってクリアを目指しましょう。そのほうが遥かに早く螺旋36できる可能性が高いです。

できる限りサービス開始当初からプレイしましょう。当初から始めた人は、螺旋をクリアできる可能性が非常に高いと思われます。

実際は無課金(新規、初見除く)要素だけでも、結構きついんじゃないかなあと思いました。

それでも目指したい場合、原石を貯めて、強いキャラを確実に引いていき、それを育成するとよさそう。

ですが、好きなようにやるのが一番だと思っています。

螺旋攻略自体をあまりおすすめしないのですが、私が最もおすすめなのは、好きなようにプレイしているうちに、螺旋36が届きそうなタイミングが来るかもしれないので、その時がきたら、そこで初めて手を伸ばしてみるみたいな、そんな方針が一番なんじゃないかということです。

私はそのような方針でプレイしてきました。

パイモンの考察

原神のちょっとした考察をまとめます。

原神というゲームは、一言でいうと「パイモンが怪しい」ということになると思われます。

初めてプレイしたとき、天理とパイモンは同一人物の可能性を強く疑いました。同一人物でなくとも、過去、現在、未来の自分、あるいは兄弟姉妹などの血縁関係にある可能性などパイモンと天理には何らかの関連性があるような気がします。

パイモンが怪しい理由については、色々ありますが、まず1つは浮いてることでしょう。また、外見、衣装なども怪しすぎます。これらの要素は天理との一致が見られます。

パイモンをゲーム内での神の一種だと考えてもおかしくはないと個人的には思います。

もちろん、パイモンの日頃の言動などに惑わされ、そう感じられないのも理解はできますが、しかし、これも本来の姿を隠すための制作陣の意図と考えれば不自然ではありません。あからさまにそれっぽい言動なのもつまらないものでしょう。

では、パイモンとは一体何者なのでしょう。

私の今の所の予想ですが、パイモンはゲームタイトルにもあるように原神なのではないかと考えます。

率直に考えて、原神というタイトル、そして、パイモンのアイコンとなると、このパイモンが原神と考えることになります。

では、原神とはなにかですが、それは今後のストーリーで明らかになるところかもしれませんし、そうではないのかもしれませんが、ある程度予測がつくまでには至るだろうと個人的には考えます。

現時点で予測できることは少ないですが、原神には、原石というものが存在し、それが、それぞれのキャラを紡ぎ合わせ運命を変えていく…なんだっけ。ガチャを回すときのアイテムなんですが、それに変換できるようになっています。

そういった原石を創造、生成しているのが原神なのかもしれませんね。(あくまで比喩ですが

比喩というのは一部の側面であり、もっと明確に表現するなら、原神というのはその名の通り、最初の神のことでしょう。つまり、この世界の創造、あるいは原始に関係する人物を指します。

次はゲーム内の仕様に関して、少し予想していることがあるので、それについて話します。

原神の物語が終了した段階で、パイモンが使用可能になる可能性を私は考えています。

パイモンのモーションなどは既にあり、現時点では、開発陣にしかそれを扱えません。

実は、開発者用に裏でパイモンがこの世界を飛び回り、調整や実装の役立っているのかもしれないという妄想をしています。

パイモンが使えるようになったら楽しそうだし、楽しいことをするのがゲームですから、私はそんな風に妄想しています。