2022-09-18 / @syui

3d , figure

3Dモデルの作成、scaniverseとtrinoの比較

scaniverseがLiDARなしでも使えるようになりました。これはnianticが買収してから無料になった3Dモデルが作成できるアプリです。

trinoは以前からLiDARなしでも使えて便利だったようですが、ここに来てscaniverseが有力になりました。

したがって、この2つのアプリを簡単に比較してみたいと思います。

以下は同じものをスキャンした例です。

trino

scaniverse

公平に見て、scaniverseのほうが使い勝手が良かったのと、trinoではモデル生成できなかった写真立て(カード立て)がscaniverseではできました。

したがって、現時点でscaniverseのほうがおすすめです。

しかし、しっかりとした3Dモデルはtrinoのほうが作れていると感じます。

scaniverseは一見してきれいに見えますが、表面的な部分のみで、内側を読み取るのは苦手なようです。

scaniverseは、内部を作り込むのではなく、無理やり表面に結合するというような形になることが多かった。

これは、LiDARが使えるかどうかで変わってくるのかもしれません。