2022-08-17 / @syui

illust

イラスト描いた117

フィギュアでの作りやすさと修正のしやすさを考慮した新しい衣装、絵を描いた。

腕の部分はなくてもいいけど、あったほうがいいでしょう…。

理由としては、腕を単体で描くのは意外に難しく、ちょっとした違和感がすぐに分かってしまう。それをごまかせるようにするめにも、こういうのはあったほうがいい….のかもしれない。実際、描いてみないとわかんないけど。

でも、後々、描くのがめんどくさくなってきたとかなら、例えば、戦闘で飛ばされたとか、あるいはアイの気分とかで、描かないこともできるので、最初はあってもいいし、あったほうがいい。旧衣装との関連性もあるし。

物語

この衣装を公式で使用するかどうかは正直まだわかない。

使うとしたら、新しく話(物語)を追加しないといけないと思ってる。それはおそらく、宇宙外編になるだろう。

そこでアイの衣装に関する会話がなされている(非公開)。実は、新しい世界、その区切りとして、衣装の変更を予定していた。

当初から新しい章に入るたび衣装は少しずつ変わっていく方針だったので、いい機会かもしれない。

旧衣装

旧衣装について少しだけ解説。

旧衣装については、実はいろいろな意味があり、あのような形になっている。

一番の理由は描きやすさを重視したこと。片側がボロくなっているのは、単にだらしなさ、アイの性格を表している。

一応、物語(設定)も存在する。

物語では、両親の形見である布で作られる。その後、自身でいろいろな機能をつけているが、それはどうでもいい。あの衣装は、アイがあまりよくなかった時代から来たことの現れでもある。

どうでもいい話ではあるが、個人的には気に入っていたし、描きやすいしで、わざわざフィギュア制作のために考えた新衣装に変更するのは気分が乗らないような気もしてる。

しかし、少しずつ変わっていく、よくなっていくことを連想させるためにも、いずれは、どこかで変更していかなければならないものだとは思っていた。

新衣装

フィギュアのためにといったが、これはフィギュア用に考えた衣装であり、しかし、フィギュア用に作ったからと言って、物語が不要になるわけではないと思う。

たとえ本来はフィギュア用に作られたものだったとしても、それはできれば公式の設定に加えたほうがいい。そして、公式の設定にするなら物語が必要だ。

しかし、物語を書くとなると、新しく漫画か小説文章を書く必要があり、正直なところ、それが気分が乗らない一番の理由なのかもしれない。(しかも変更は絵なので、おそらく漫画になる)

新衣装はこれで確定ではないけど、おそらく、近いうちに何らかの変更があるかもしれない。

フィギュアはその性質上、服が大きく広く表現されることが多い。

だから今回も大きめに描かれているが、実際の設定では少し小さくすると思う。

他の部分に関しては、例えば、アイの性格を表す部分が必要だと思っていて、それをどこかに取り入れなければならないかもしれない。それがキャラクターの個性につながると考えているので。

とはいえ、全ては気まぐれなので、どうなるかというのは、私にもわからない。