2021-12-05 / @syui

mastodonをruby-3.0.3で動かしてみた

今までrbenvでversion管理してたんだけど、archlinuxにruby-3.0.3が来ていたので、これがmastodonのgemfileと合いそうだったので上げてみた。heroku-runtimeも3.0.3ですし、今だとrbenvは必要ありません。

$ cd mastodon

$ rbenv local system

$ ruby -v
3.0.3
$ sudo gem i bundler
$ export PATH="$HOME/.gem/ruby/3.0.0/bin:$PATH"

$ rm Gemfile.lock
$ bundle

あとはGemfile.lockをherokuにcommit, deployすればいいです。

また、nodeのnpm(yarn)でerrが出てたので、package.jsonも変更してます。

  "engines": {
    "node": "12.13.0"
  },

最新のmastodonではkeybaseのリンクが消滅しています。下記の事情があったみたいです。したがって、当該commitをrevertすることでリンク(認証)を残すことができます。

https://github.com/mastodon/mastodon/issues/13670

$ git revert 7de0ee7ab

その他のリンク

https://devcenter.heroku.com/ja/articles/ruby-support

https://devcenter.heroku.com/ja/articles/nodejs-support

https://docs.joinmastodon.org/user/contacts/

tag: mastodon