楽天モバイルの使用感

2021/05/27

楽天モバイルの使用感は最高レベル

以前、楽天モバイルはすごくいいって書いたのですが、未使用だったので、使用してみた上で評価をしていきたいと思います。

ちなみに、私は現在、以前から使っていたso-netのnruoモバイル(旧0sim)を併用しています。実は、0simに移行する前もdocomoのパケホーダイを半年ほど併用した上で移行を決めたことがあります。

普通はさっさとdocomoを切ればいいのですが、実際に半年間併用してみて、自分がどれほどパケットを消費するか、使用感など確認する目的がありました。結果、0simに移行しても全く問題ないと判断し、移行を決めた経緯があります。ですので、しばらくの間は一見して無駄のように思える併用をしています。

楽天モバイルに話を戻すと、楽天モバイルはプランや様々な記事内容を見る限り、多少、使用感に問題があったとしても、私は最高レベルの評価をしたでしょう。将来的にこういうことをやる会社がユーザーを獲得してほしいという思いがありました。

そのことを前提に評価しますが、実は、楽天モバイルを1ヶ月ほど使用してみると、使用感も素晴らしかったです。

これは住んでいる地域によるかもしれませんが、電波は常に良好で問題になることがありませんでした。また、料金などを確認するアプリも使いやすく、わかりやすいと思いました。

インフラというジャンルにおいて、プラスよりもマイナスがないことのほうが重要なので、楽天モバイルは、使用感も最高レベルの評価をします。

楽天モバイルの特殊事情、1年間無料期間後

次に、楽天モバイルの現在の特殊事情について少し書きます。

私は現在、1年間料金無料のサービスが適用されている状態だと思います。私以外の多くのユーザーも同じようなサービスの適用を受けていると思われます。

個人的な話になりますが、無料サービスの適用を受けても私は普段通り使うだけなので、1ヶ月/1GB未満の状態が3ヶ月続いています。

私の場合、「どれだけ使っても1年間は無料なのでたくさん使おう」とはなりません。無料期間中も1GB以内に抑えようという気持ちのほうが強い。

ですが、他のユーザーも自分と同じように考えるとは限りません。ここでは、楽天モバイルを使っているユーザーの今後の動向を予想していきたいと思います。

まず、「無料期間中はたくさん使って、期間が終わったら他に移ろう」と考えているユーザーがたくさん、あるいは一定数いることが予想されます。

ですが、私の予想では、実際に他に移るユーザーはごく少数にとどまると考えています。

なぜなら、移る理由が見当たらないからです。楽天モバイルの料金プランは、サービス期間がなくとも非常に魅力的です。他社よりも圧倒的に有意と言っていいでしょう。ですから、わざわざ面倒な手続きをして他社に移る人は少ないと思います。

次に、「無料期間中はたくさん使って、期間が終わったら1GB以内に抑えよう」と考えているユーザーもたくさんいると予想しています。

ですが、これらの人たちの試みは、それほどうまく行かないだろうと思います。

ここが楽天モバイルの本来の狙いなのかもしれませんが、人はそう簡単に生活習慣を変えることはできません。

使わない人は使わないし、使う人は使い続けるでしょう。期間が終わったら習慣を変えよう、習慣をやめようなんてのは、ほとんどの場合は成功しません。

ですから、「無料期間中はたくさん使って、期間が終わったら1GB以内に抑えよう」というユーザーは結果としてはごく少数にとどまると予想します。

つまり、楽天モバイルは、プランも使用感もすごくいいので、一度獲得したユーザーが離れることは少ないというのが私の予測です。

他社に移るのもめんどくさい、習慣を変えるのもめんどくさい、ですが、楽天モバイルは問題なく使えて、プランも良心的となれば、移る理由、やめる理由が思い当たりません。

なので、楽天モバイルは、国内において一強になるポテンシャルを秘めていると思っています。以上です。

tag: ios