ポケマス、リーフ6EX

2021/04/05

リーフのボード開放が来たので6EXにしてみました。現在の6EXは以下の通り。

ボードは回復型です。

vs ラティアス

ついでに今まで6EXにしたキャラを評価していきたいと思います。

Mレッド

最強のアタッカー。説明は不要だと思います。

Mリーフ

好みの問題。マサラ組は6EXにしておきたかった。

Mグリーン

好みの問題。マサラ組は6EXにしておきたかった。

フウロ

確かイベントで。

メイ

確かイベントで。ただ、あまり使ってない。

Sリーリエ

状態異常無効や回避バフで希少な役割を担える。急所バフもあり、B技後に回復帯付与できる。6EXにすると、それに加えて気迫バフ。地味に使ってる。

ダンデ

Mレッドのように直接的に目立って強いとは感じないけど、地味に強い。負けそうだったのに、なぜか勝ってるみたいな試合が多かったりする。

Aアイリス

最近でいうと、最も引いておくべきだと思ったのがAアイリスです。強すぎる。最初はここまでとは思ってなかった。自分の中でバフとデバフの評価は等しく、どちらにも弱点はあると思っていて、バフでも例えばステータス上昇無効化されるとかで封じられたり、または、デバフで相殺されたりする。デバフも同じでダウン無効化されるとダメ。つまり、対策可能性はいくらでもある。バフもデバフも変わらない。バフは一体で全体の効果を発揮すると反論されるかもしれないけど、それは全体技に限っての話。デバフも同じ全体技でAアイリスのように全体に撒ける。例えば、防御ダウンが撒かれたとすると、攻撃アップと同じ効果を発揮する。Aアイリスの場合、「バフればバフるだけ威力上昇」と同等の評価。多くの人は「デバフで威力上昇?あまり強くないな」と感じ、「バフで威力上昇?強いな」と感じてしまいがちだけど、それは違う。バフとデバフの価値は同じ。Aアイリスは現環境、バトルヴィラ、チャンピオン、レジェンドでMレッドより活躍できている。現環境はMレッドが一体いればいいというものではなくなってしまった。アタッカーが即死する環境にある。逆にAアイリスのほうが耐久があるので活躍できている。防御ダウンは攻撃を上げているのと同じだし、攻撃ダウンは防御を上げているのと同じ効果を発揮する。T技ではないため、制限がない。制限がないので、持続のヴィラやレジェンドで威力を発揮する。

tag: pokemon