マイクと音声変換

2021/01/07

この前、youtubeを見てて、うまく音声変換してる人を見かけたんですが、すごいなあ、どうやってやるんだろうとちょっと思ったので、やってみることにしました。

結論から言うと、voidolとかより、macのgaragebandを使ったほうがうまく変換できました。

入力にマイクを当て、

プラグインのpitch -> vocal transformerを追加。

音声を自然にするには、プラグインのChannel EQが役立ちます。VoiceのFemale Vox 01, Clear Vocalsなどを試してみてください。

このとき、音声にブツ切り音などが入ってる場合、削除するといいかもしれません。具体的には、オーディオ放射部分の画面をダブルクリックで編集できます。

最後に、音声ファイルを書き込むには、共有 -> 曲をディスクに書き出すからできます。

これをimovieなどを使って動画に挿入し、適時、文字を入れていくと、動画の完成。(いうほど簡単ではないと思う

youtuberって、案外、バカにされがち?な気がするんですけど、トークも動画編集もすごくて、すごいクリエイターなのだと思います。やってみると難しいことって意外と多い。

tag: mac