ポケモンGo、GBLの真実

GBLは楽しんでいますか?もうすぐシーズン2のスーパーリーグが終わりますね。

私のスーパーリーグは、初期レート2000からの2200でした。

GBLはただの運ゲー

まず、GBLについてのおさらいというか基本的なことを説明します。このゲームの勝敗は運で決まります。

これについては、今シーズンは自分でも検証しています。

検証方法としては、メインとサブを用意し、同じポケモン、同じ時間帯、同じレート帯でバトルしました。若干、個体値はメインが有利なものを使用しました。

結果は、メインは-200レート。サブは+200レートでした。

2週間ほど検証を行い、スキルは同じ人物が操作しているので、もちろん一緒です。

同じスキル、同じポケモン、同じ時間、同じレートでバトルしたにもかかわらず、最終的にはレート400もの差が開きました。

では、何が違ったのでしょう?

それは、マッチングです。環境が変わったわけでも何でもないのです。

このように、GBLの勝敗は、ほぼ運によって決定します。レート差も大きく運に依存します。

その後は、検証を終了して、サブを封印。メインでバトルしてました。

検証で下がったレート1800から2200に上がったのが今季スーパーリーグでした。

もし開発側だったら

もし私が開発側だったとしても、そりゃ、運ゲーにしますよ。

何故かと言うと、運ゲーのほうが長く遊ぶことができるからです。

このポケモンを使えば絶対に勝てるとか、このテクニックを使えば絶対に勝てるなどの攻略法があった場合、長く遊ぶことができないんですよ。

新しい調整やら追加やらが必要になってきて、開発側としては面倒極まりないのです。

なので、開発側としても、運ゲーにします。

FFIVで麻雀が流行っているのもそんな理由だと思います。なぜ、麻雀が選ばれたのか?それは運ゲーだからでしょう。

GBLが運ゲーである証拠に、技のバフ率が1/10だったり、または相性があったりしますよね。みんな同じようなスキルを持ち、同じようなポケモンを使います。

ですから、GBLは、最終的には運によって勝敗が決るゲームに過ぎないというわけです。

これは、とても基本的なことですが、多くの人が見落としているような気がします。

良い成績のみが出てくるネット

これを聞いて、例えば、こんな反論が予想されます。

「でも、強い人は強いでしょ?」、「強い人はいつも好成績を上げている」と。

これも少し違います。ガチ勢で強いと言われている人の中にもそれなりの数、レートが溶けたと言ったっきり浮上しなくなってしまった人達がいます。

悪い成績は投稿されず、もう一方の良い成績を収めた人のみ投稿しているので、そのように見えるのです。

また、初期レートでもかなりの差がついており、同じような勝率でも初期レートが300も400も違うことがよくあります。

この差をマッチング運バトルで埋めるのは難しいことです。

検証結果と同じように、同じスキル、同じポケモンを使っても、なぜか大きな差が開いてしまうことも珍しくはないでしょう。

ランク10に到達できるのは、一部の強運に恵まれた人達に過ぎません。

私も、強運に恵まれてさっさと辞めたいGBL。

不運は重なる

GBLをやってると、不運が重なる連チャンを食らいます。

例えば、遅延バグで3連敗したとしましょう。こういう事があると、その後も全部出し負けを食らったりとか、あるんですよね。よくあるのです。不運が重なることがよくあります。

不運が重なると、レートは死にます。私は、このバグゲームで、よくGBLみたいなものを作ったなあと驚きます。

バグが発生するのは仕方ありません。ですが、今のGBLシステムでは、そのバグが回復不能な致命傷を負わせています。

なぜ、バグが発生することを前提とした仕組みで作らなかったのでしょうか。

心を不健康にするゲーム、ポケモンGo

GBLが実装されて以降、ポケモンGoは、心を不健康にするゲームになっています。

というか、GBLをやめちゃった人、多すぎませんか。

最近、バトルしていても、頭のおかしいガチ勢しか残ってない気がするんですけど、そのためか、さらに面白くなくなっています。大丈夫でしょうか、GBLは? (自分のことを棚に上げるやつ

GBLやってると疲れますし、面白くないです。5試合のうち4試合をbotと気楽に対戦したい…。ガチ勢とやるのは、5試合中1試合くらいで十分です。

ダイゴのポーズ

GBL以外は、いいゲームなんですけどねえ。

とりあえず、ダイゴのポーズほしいので、がんばる。

tag: pokemon