開発環境を作り直してみる2

https://git.syui.cf/syui/dotfiles

fzf

fzfに関しては、vim **<tab>などが使えます。--previewで画面分割しながらtree,catしたものを表示できます。

grepの代わりになるrgとcatの代わりになるbatがおすすめで、コマンドオプションなどに追加。あと.git以下は拾わないようにしたりとか、ファイルのみとか。

$ brew install rg bat
bindkey '^b' fzf-file-widget
export FZF_DEFAULT_COMMAND='fd --type f --hidden --follow --exclude .git'
export FZF_COMPLETION_OPTS='--preview "bat --color=always --style=header,grid --line-range :100 {}"'
export FZF_CTRL_T_COMMAND='rg --files --hidden --follow --glob "!.git/*"'
export FZF_CTRL_T_OPTS='--preview "bat --color=always --style=header,grid --line-range :100 {}"'
#export FZF_COMPLETION_TRIGGER='~~'

fancy-ctrl-z () {
  if [[ $#BUFFER -eq 0 ]]; then
    BUFFER="fg"
    zle accept-line
  else
    zle push-input
    zle clear-screen
  fi
}
zle -N fancy-ctrl-z
bindkey '^z' fancy-ctrl-z

fzf-file-widget^tですが、tmuxに使ってるので^bに変更。この辺はbindkeyコマンドで調べられます。

^zでバックグラウンドの利用を促進。

vim + terminal

vim + terminalは、tyruさんのgithubやblogが参考になると思います。

http://tyru.hatenablog.com/entry/2020/01/06/153959

簡単に言うとpeco, fzfとの連携が便利になるpluginなどをいくつか作られている感じです。

Plug 'tyru/sync-term-cwd.vim'
Plug 'tyru/tapi-reg.vim'
$ go get github.com/mattn/gof

vim-lsp

vim補完についてはmattnさんのgithubやblogが参考になると思います。

https://mattn.kaoriya.net/software/vim/20191231213507.htm

lspは様々な言語支援を提供してくれるサーバーのことでpluginはそのクライアントみたいな感じでしょうか。わからん。言語ファイルを開いて、:LspInstallServerしましょう。./serversにダウンロードされます。

https://github.com/mattn/vim-lsp-settings

Plug 'prabirshrestha/async.vim'
Plug 'prabirshrestha/asyncomplete.vim'
Plug 'prabirshrestha/asyncomplete-lsp.vim'
Plug 'prabirshrestha/vim-lsp'
Plug 'mattn/vim-lsp-settings'