golangで作ったxqをアップデートした

xqはxmlをjsonに変換するコマンドラインツールです。必要があったので必要な分だけ作ったやつ。

https://github.com/syui/xq

$ go get -v -u github.com/syui/xq
$ xq -v
xq version 0.3.4

$ curl -sLO https://syui.cf/blog/index.xml

$ xq ./index.xml | jq .

ですが、今回、その名の通り[q]ueryできるようにしてみました、一部ですが。

具体的には、latestのデータをsub-commandで抽出できるようになります。

$ xq l l ./index.xml
https://syui.cf/blog/post/2019/12/24/music/

$ xq p ./index.xml
Tue, 24 Dec 2019 00:00:00 +0000

$ xq u ./index.xml
Tue, 24 Dec 2019 00:00:00 +0000

これも単にArchLinuxJP/archtrans-jpjq依存を解消したかったので追加しただけだったりします。

あと、xmlのpublish(latest)とupdateって違うんですね。勘違いしてた。