github issuesを使うコメントシステムutterancを設置する

utterancでコメントを設置

基本的にはutteranc.esにアクセスして、GitHubにアプリをインストールします。

https://github.com/utterance/utterances

そして、コメントを載せたい場所にコードを貼り付ければOKです。

<script src="https://utteranc.es/client.js"
        repo="[ENTER REPO HERE]"
        issue-term="pathname"
        theme="github-light"
        crossorigin="anonymous"
        async>
</script>

コメントは指定したリポジトリのissuesに投稿されます。なお、リポジトリのissueは有効にしておいてください。

github actionsを使ったChatOpsでラベルを付ける

ChatOpsと連携すると便利かもということで、やってみました。

自動でラベル付けできるけど、コメントを確認したときでいいかということで、github actionsでissues上のコマンド(ChatOps)を作ってみます。

name: COMMENT action
on:
  issue_comment:
    types: [created, edited]
jobs:
  build:
    name: COMMENT action
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
    - name: Run action
      env:
        GITHUB_REPOSITORY: ${{ github.repository }}
        ISSUE_PAYLOAD: ${{ toJson(github.event.issue) }}
        ISSUE_NUMBER: ${{ github.event.issue.number }}
        GITHUB_TOKEN: ${{ secrets.GITHUB_TOKEN }}
      run: |
        labels=$(echo "${ISSUE_PAYLOAD}" | jq '.labels[]|.name' | jq -s . | jq -c '.|.+["COMMENT"]|unique')
        curl -X PATCH -d '{"labels": '${labels}'}' -H "Authorization: token ${GITHUB_TOKEN}" https://api.github.com/repos/${GITHUB_REPOSITORY}/issues/${ISSUE_NUMBER}
      if: startsWith(github.event.comment.body, '/com')

これでissues上で/comを投稿すると、自動でCOMMENTのラベルが付きます。

参考 : https://qiita.com/shmurata/items/db66a4e8d5fabb545f11