ポケモンソードの感想

ポケモンソードをプレイしてみたので、感想です。

評価は10/10のパーフェクト

10点満点中、何点かと聞かれたら、10/10の評価です。

あらゆる面で完成していると思わせる出来栄え。ストーリー、グラフィック、デザイン、キャラクター、音楽、世界観など。総合的に見て非常に良くできていると思います。

まずストーリーから。主にライバルから描かれる今作のストーリーは非常にシンプルで、軸がしっかりしています。

さらに、エンディングまで一貫してサクサク進みます。わかりやすいほどまでによくできているというのが正直な感想です。まさにパーフェクト…。

グラフィックは、主にステージとかキャラモデルなどから感想を書きますが、こちらも文句のつけようがありません。季節や昼、夜、夕暮れの表現。色合い。街並みなどが非常に良くできていて、かといって、精巧すぎるわけではなく、ポケモンの世界観、要はファンタジーの世界にマッチしているように思います。立ち入れない区域も多いですが、メリハリがはっきりしいて、むしろプラス評価でしょう。また、ダンジョンは長すぎず、非常に簡素なダンジョン道路が多いです。何度も訪れるはじまりの森ダンジョンは少しだけ長いですが、世界観に没入できるくらいまでのちょうど良さで作り込まれており、雰囲気が出ています。それ以外の一度きりの場所を複雑に長くしても意味がないと私は思っていて、今作ではそのへんのバランスがよく考えられていると思います。これにより、途中で飽きることなく、それでいて世界観に入り浸りながら、ストーリーがサクサク進むようになっています。この辺のバランスも、すごすぎる…。

音楽も今作は全くハズレ無しというか、全部良かったです。

以上の評価と感想ですが、個人的な好みの話も少しだけ書きます。

ライバルのポケモンタイプ

ライバルがこっちに有利なタイプのポケモンを選ぶのは、あまり面白くないです。こっちが不利な状況を覆すのが面白いので、私は旧作パターンのほうが好きです。

とはいえ、これらは、ゲーム評価に影響を及ぼさないと思います。あくまで個人的な好み、考えの問題ですね。

ライバルが…邪魔

ライバルがあまりに頻繁に周りをうろちょろするので、しすぎなので、ちょっと邪魔です。オイラは一人で冒険したいのです…。

ストーリーの導入に関して

ストーリーの導入に関して、これまでのポケモンと違い変化があります。これは、サンムーンをプレイしたときも思ったのですが、派手になってきてるなということ。最初からチャンピオンと知り合えて、推薦してもらうみたいな展開はあまり好きではありません。

なんもない田舎で、なんもない普通の子が、コネもポケモンもない状況から旅に出るみたいな展開のほうが好きです。旧作はそうでしたが、新作では導入部分に変化があります。

ただ、先ほどもいいましたが、これについても、ほんとどうでもいい個人的な好みの問題に過ぎません。ストーリー導入は全く問題ないと思います。普通に面白かったですよ。それにワールドカップを組み込むのはありです。みんなそういうの好きですし、好きな人が多いでしょう。

ソードかわいい

今作、JRPGということもあって、あまりやる気が出なくて、でも、慣例の「ポケモンは男の子を選ぶ」をぶち破り、セーブリセットを決行して以降、進捗がMAXになりました。ソードかわいい!

私は、ポケモン主人公の名前にルールがあって、タイトル+カタカナにするので、今回はソードです。Xはエックスで、サンはサンでした、単純。

最初のでかい街で髪型カットしてもらって、服を買い、しかし、それ以降は街で色々見て回りましたが、変更なし。デフォルトの強さがすごい。私は自分の感性でカスタマイズしますけど、変更するところがほとんどなかった。

個人的に思ったこと

正直、ポケモンソード、見習っていかなあという感じのことを思いました。物語構成やデザイン、音楽、何から何まで全部です。学ぶべきことが非常に多い作品。

それくらいに良い作品、あらゆる面でよくできた作品だと思います。