薄々は気づいていたのですが、楽曲がフォルダやファイル名ではなく、metadataで管理される時代になっています。

私の場合、楽曲はフォルダに入れて、mpvで再生するか、goodreaderで再生する感じで、今まではmetaが付いてなくてもそこまで不便を感じなかったのですが、スマホのvlcを使いだすと、metadataが設定されていないと猛烈に不便になります。なので、自分で作った曲に最低限のmetaを付けることにしました。(今まですごく適当に付けてただけだったけど、それだと不便だった)

# 最低限のメタデータをつける
echo ";FFMETADATA1
title=${title}
artist=${USER}
album=origin/master
genre=vocaloid
track=${n}
encoder=${USER}" >! $meta
ffmpeg -i $file -i $meta -map_metadata 1 -codec copy -y $tmp

# カバー画像をつける
ffmpeg -i $tmp -i $cover -disposition:v:1 attached_pic -map 0 -map 1 -c copy -id3v2_version 3 -metadata:s:v title="Album cover" -metadata:s:v comment="Cover (front)" $file

最低限のmetadataは、title,artist,track,album,genreですかね。vlcの項目がそんな感じなので。あと、cover imageは大きいほうがいいです。小さいと画像が荒くてきれいに見えないので。